スポンサーリンク



選択が正しいか間違っているか。

スポンサーリンク

tatanです。

今年の正月は食っては寝食っては寝で太りまくりです。

3月にフルマラソンを夫婦で走るので、そろそろ体を絞っていかないと。

良かったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

さて、今日はweb内覧会をお休みして、家作りを振り返りたいと思います。

マイホームに住むまでには色々な選択をしていかないといけません。

土地を決めたり、間取りを決めたり、お金を借りる銀行を決めたりと、今、マイホームに住んでる人はこの難解な選択肢を乗り越えてきたと思います。

でもその選択肢が正しいか正しくないかなんて分からないですよね?

分からないんですけど、色々考えてしまいます。

一条工務店を選んだ事。一条工務店という名前すら知らなかった私が、性能や太陽光の魅力に惚れ込み、一条工務店で家を建てる事を決めました。

正直、一条にするか、ローコスト住宅にするか悩んでいました。

金額だけで見ると半額くらい違います。

でも、営業さんからはその分性能が全然違いますと言われます。

まぁ、もちろんそうですよね。金額が全然違うのに性能が同じだったら文句言われますよね(笑)

その時は納得しましたが、今考えると、ローコスト住宅に住んだ事もないのに、営業さんの説明だけで、金額を倍だしても高くないと思い込んでいました。

さすが営業さん(笑)

今考えてみると、もっと先を見据えて考えるべきだったのかとも思います。

いくら、ローコスト住宅だと言っても家に穴が空いてる訳ではないし、家が傾いてる訳でもないし。

この先、ライフスタイルは変わって行くと思います。

もしかしたら、2世帯になる可能性もありますよね?

ローンを早く返し終えて、ライフスタイルの変化に対応できる様にする事も考えておく必要があるのではないのでしょうか?

そういう事を考えた時にローコスト住宅で建てた方が正解だったのかと思います。

勿論、正解なんて分かりません。

でも一条の家に住んでみて本当に快適なんですけどね(笑)

まとまりがない文章ですみません(笑)

お帰りはこちらからどうぞ。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク







スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です