スポンサーリンク



打ち合わせ時の要望!どんな要望出しました?

スポンサーリンク

こんにちわ。

9月も中旬に近づいてきましたが、まだまだ暑いですねー

 
現在、i-smartを建設中ですが、早く快適な家に住みたいです!引き渡しは11月なので、床暖房が活躍する季節です

 冬はあんまり好きではないですが、一条のおかげで冬が待ち遠しいです(*´ェ`*)

さて、皆さんは打ち合わせが始まる時に要望を聞かれましたよね?

・広いリビングが欲しい

・男の城!書斎は譲れない(tatan家ではwic兼書斎になってしまいました(;´Д`))

・お風呂は広く

・開放感のある吹き抜け

等々

これから間取りの打ち合わせが始まる人は

ここだけは譲れないポイント

を考える事が大事だと思います。

要望を聞かれればいくらでも出てきます。

それを聞いた設計士さんは、聞いた要望を詰め込んだ間取りを初回に作ってくれると思います。

      予算を無視した馬鹿でかい家を・・・

もちろん、要望を聞かれた時に、予算内でとか大きさはこれくらいで等を要望してたら別ですが・・・

大体の方は要望が詰まった間取りから始まって、予算に応じて削っていく方がほとんどではないでしょうか?

その段階で、男の城!書斎は消えていくのです・・・・

正直、削っていく作業というのはとても心が痛みます。

あぁ・・・初回では広かったリビングが半分に・・・・

あぁ・・・1.25坪のお風呂が・・・

あれ?書斎がない?

うわっ・・・私の年収低すぎ・・・

という過程を経て間取りは完成していきます。

ここで、初めにも書きましたが、

ここだけは絶対に譲れないポイント

を考え、それを元に打ち合わせを進めて行く方が、いいと思います。

ここだけは譲れないポイント=家の顔(セールスポイント)

ですよね。

例えば、あなたの家が建売物件で売り出された場合、広告になんて書かれるのかを想像します。

広告に書かれてる内容ってその家のセールスポイントですよね?

間取りを考えて行く中で、私の家の広告にはなんて書かれるんだろうって考えるのもいいかもしれませんね!

tatan家が建売で売り出されたら、たぶんこう書かれる事でしょう。

                「5LDK」

纏まらない文章ですみません(´;ω;`)

これから打ち合わせの方のお役に少しでも立てるなら幸いです。

 

スポンサードリンク







スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です